過越の食事

【読み】すぎこしのしょくじ
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 過越の食事
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
過越の食事キリスト教聖書用語辞典
Choix it!

解説

イーストを入れずに作ったパン(種を入れないパン)、若菜、子羊の肉を食べます。

種を入れないパンは、イスラエルの民が急いでエジプトを去ったことを思い起させます。パンをふくらませる時間がなかったのです。苦菜は、エジプトでの苦しみを思い起させる。過越の食事は、イエスが十字架につけられる前に、弟子だちと食べられた最後の食事であった。子羊は、過越にいけにえとして殺されました。聖書は、イエスは、私たちの過越の小羊である、と語っています。最初の過越の子羊がイスラエル人の初めての子を死から救い出し、民をエジプトから脱出させるためのいけにえとしてささげられたように、イエスは、わたしたちを罪から解き放ちました。
「過越の祭」の項参照。